Ukulele Sight
hanakosan
<第6章第6話>

I dedicate this page to great Jack. I wish to express my gratitude for Tony's who is Jack's son having given me a valuable photograph. The text is Japanese.

=Chapter 6 The sixth story=

[Matchstick Ukulele]マッチ棒ウクレレ

イギリスのTONY HALL氏(写真左)からメールが届きました。
「Matchistic Ukulele」は当ページでも海外ウクレレページでリンクだけ張ってありましたが、先方のHP移転の連絡に伴って簡単な説明と写真を送って下さいました。
  実物に触れる機会は無いと思いますが芸が細かく、さらに音が良いそうなのでこの偉業の一端でも紹介できれば幸いです。製作者は「Mr. JACK HALL」(写真下左の白黒写真)、メールをくださったトニーさんの父親。まずはトニーさんのメールからどうぞ。彼は父親の業績を讃えるため「Keeper & Historian The Jack Hall Matchstick Instrument Collection」という肩書きでメールをくれました。とにかく「実物を見たい」、「弾いてみたい」と思わせるウクレレです。情報を送ってくれたトニーさんに感謝いたします。(画像クリック=大サイズ写真表示)

Matchstick Ukulele & Matchbox Carry Case

Mr. Jack HallMr. Jack Hall from England, U.K. proved that a ukulele didn't need to be made with conventional tools or from the finest materials to play well, sound good and be beautiful to look at.

This one-of-a- kind 1984 ukulele was made entirely from used wooden matchsticks...10,000 of them painstakingly glued together with one kilogramme of hide glue.
Matchstick Ukulele & Matchbox Carry Case
Matchsticks for the curved portions of the ukulele were pre-soaked and bent, and the glued-together sections were weighted into shape with the aid of flat-irons, fire bricks and pans of water.

The carving was fashioned with a knife, a file and a cut-throat razor; finishing touches were accomplished with sandpaper, before the varnish seal was applied.

Construction was completed in four hundred hours...working five hours every day.

The main distinguishing feature is the used matchstick design on the body, the body sides and the peg head.Jack Hall sorted out and hand-picked from piles of matchsticks onlythose matchsticks with even-sided square burnt ends. He then ingeniously interlocked the blackened, burnt match-heads to form herring bone designs on the front and back of the body, and soldier line-up designs on the body sides and the peg head.





The original 1984 white wood has aged nicely to rich golden colour.

To complete the project Jack Hall made a case entirely from 200 cardboard matchBoxes.

The ukulele is in the book of Guinness World Records, 2003 Edition. It has also been played on BBC television. The professional musician who performed with the ukulele said, " The tone and sound is great and is a pleasure to handle and play. Mr Jack Hall is a Genius!"

The End

Tony Hall
Keeper & Historian
The Jack Hall Matchstick Instrument Collection

*An English sentence is an original of the mail that Mr. Tony Hall sent cobastudio on June 28, 2005.
*It is displayed that the photograph is clicked by a large size.
*TThe copyright in sentences and photographs is in Tonyhall. Without permission cannot be used.
ヘリングボーン
 
=イワシ骨柄、日本では「杉綾模様」と呼ばれるデザインパターン。
ソルジャー・ラインナップ・デザイン

  =軍隊などで組織や階級を線種や数で表したデザイン、腕章や胸章などに使われているデザイン。
水夫であったジャックさんは、航海中の単調な日々の日課を暇つぶしのために船員仲間が捨てたマッチ棒を集め様々なパターンデザインを楽しんでいました。そのうち継ぎ合わせて接着し小物を作ったりしていたようですが、「ヴァイオリンでも作って弾いてみたら」と言った仲間の冗談からマッチ棒での楽器作りが始まりました。しかし、楽器作りの知識が無かったため港に上陸した折りには楽器店へ走り、サイズや構造を研究したようです。 このページで紹介したウクレレは1984年に1万本を要して製作された最後の楽器である「ウクレレ」だけですが、1936年最初の作品の2万本を使ったヴァイオリンを含めて2万5千本のギター、1万6千本のバンジョーなど数々の作品を残しています、しかし、残念にもジャックさんは6年前86歳で亡くなられたそうです。

マッチ棒やマッチ箱は友人達の協力によって大量に集まったようです。それにしても手作りの道具でマッチ棒を裁断し、張り合わせることから始める楽器作製のための部材作りだけでも根気の要る仕事です。ネック部の積み上げられた部分には寄せ木細工以上の美しさがあります。この楽器がプロの演奏家をして賞賛させる音色を出すのですから大変興味深いのもです。さらに僕の希望を言えばイギリスの「The Ukulele Orchestra」でジャックさんのウクレレが演奏され、CDアルバム化されることです。

このマッチ棒ウクレレに関しては
下記にリンクしたHPに詳しく書かれ、当時の写真も多く掲載されて興味深いですのでご一読をお勧めいたします。

Reference WEB page
ibluegrass.com
navydays.com

* 写真の無断転載は出来ません、メール等によりTONY HALL氏の許可を得てください。
TONY HALL氏は、メディア取材や公開展示を希望しております。 ご興味のある方は直接本人にご連絡を願います。Email


2005/07/10 付記

[ INDEX ]

HOMEボタン ウクレレサイトボタン