UKULELE CINEMA WORLD/UKULELE SIGHT/COBA STUDIO
「 ビッグ・ショー! ハワイに唄えば 」

原題:「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」 1999年 105分
監督:井筒和幸
出演:室井滋 ・尾藤イサオ・竹内結子・大森朋南・武田久美子・菅原大吉・渡辺智子・
   玉置宏・山本太郎・原田芳雄・加藤茶・都はるみ
製作:シネカノン、東宝、日活 配給:東宝


VHSポスター前回好評の井筒監督作品「のど自慢」の“ボーナス編”とも言うべき作品。

女子プロレスハワイ公演の前座で歌う営業に来た赤城麗子(室井滋)が 年下のジミーと恋に落ち、歌と恋の板ばさみになるというドタバタ喜劇。

映画は、笑えないオヤジギャグの連発でコメディでもシリアスでもなく散漫な印象を与えるが、マネージャー役の尾藤イサオの皿を投げる曲芸や染太郎・染之助よろしく和傘の上でのタマ回しなどはロカビリーの王者とは思えぬ芸達者ぶりです。さらに16年ぶりの映画出演となった都はるみさんの唄はファン為らずとも鳥肌ものです。

ukuleleukuleleウクレレに関して

全編ハワイロケ観光 ウクレレの素性はわかりませんが、美しいコアの木目でヘッドにはロゴがありません。
テナーサイズと思われますが第3弦は金属巻き弦でハイーG調弦です。 セニーザかサニーDのように見えました。

*** 井筒和幸 監督プロフィール

1952年(昭和27年) 奈良県生まれ。 高校在学中からフィルムを撮り始め、1950年「行く行くマイトガイ・性春の悶々」で監督デビュー。1956年「ガキ帝国」日本映画監督協会新人奨励賞受賞。1996年には「岸和田少年愚連隊」でブルーリボン最優秀作品賞。「二代目はクリスチャン」「突然炎のごとく」「犬死にせしもの」「宇宙の法則」「のど自慢」など、著書に「アメリカの活動写真が先生だった」。
 
辛辣な映画批評で試写会はおろか本編も配給会社が観せたがらない。とうとうTV番組(2002年放送)では「こちトラ自腹じゃ」で一般客と同席で観た映画の評をしているが、あまりに過激な感想に出入り禁止の劇場あり。

2002/04/14



[ Ukulele Cinema World 目次 ] [ COBA STUDIO ] [ Ukulele sight ]